私が、

SM理論を追求するきっかけとなったのは、

『M』男性との出会いでした。

『身体目的の印象が強いけど、

言ってることは本心のように感じるし、

何度断っても諦めない。』

 

今思えば、身体目的の印象が強かったのも、

一途で、浮気できない『M』の特性上、

身体の相性を確認するため。

 

何度断っても諦めなかったのも、

追いかけたい、忍耐強いという

『M』の特性からだと理解できますが、

その当時は、全く理解できなかった。

 

『何を考えているのか分からない。

でも、彼を信用したい。』

 

そして、手に取ったのが、

『S』と『M』の心理について書かれた、

こちらの本でした。

団鬼六さんの『SかMか 体の闇が分かる本』

 

こちらの本には、

一般的に周知されている

『S』と『M』の認識に誤解があること、

また、現在のSM理論のベースとなる、

『S』と『M』の特徴が記載されていました。

私は、今まで『自分が尽くす恋愛』が多かったため、

自分自身を『M』だと思い込んでいましたが、

自分が『S』であることを、

初めて認識。

 

また、『S』『M』により、

恋愛での考え方

大きく異なることを知りました。

 

一般に販売されている恋愛マニュアル本は、

『S』男性と『M』女性ベース。

また、私が過去に付き合ってきた男性は、

『S』男性のみ。

 

だから、

『M』の彼の考えや行動が理解できないのだと、

腑に落ちました。

 

相手が『M』男性の場合、

私が不安だったように、

遊びと誤解されてしまう可能性が多く、

お互いの考え方の違いを理解していれば、

付き合えたはずなのに、

すれ違ってしまう人たちがいるのではと思い、

SM理論を広めようと決心しました。

 

恋愛において、

自分が、『S』なのか、『M』なのか。

そして、相手がどちらなのか。

 

それにより、

関係性や恋愛パターンが大きく異なる。

 

団鬼六さんの本から得た知識をベースに

沢山の方にヒアリングし、

修正を重ね、

より詳細にしたのが、

私が展開している、SM理論です。

 

SM理論を広める活動をしながらも、

未だ『M』については、分からないことだらけ。

 

『M』の特性を調査しながら、

『M』の取扱説明書一番欲しいのは私だと、

日々、感じています。

 

『S』と『M』の取扱説明書という

記事を以前投稿しましたが、

閲覧が多いのは『M』。

 

それだけ、

『M』について知りたい人が多いということ。

 

SM理論により、

恋愛で幸せになる人が一人でも増えるよう、

今後も調査をし続け、

『M』のスペシャリストになろうと思っています。

 

いつも快く調査協力をしてくれる、

Tくん、Sくん、Kさん、

今後ともお世話になりますが、

よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事