アルコールの摂取量が多い

数値が上がることで知られる

γ-GTP

数値を下げるにはどうしたら良いかとの

相談があったため、

記事にしておこうと思います。

γ-GTPが上がる理由

γ-GTPは、

脂肪肝肝炎胆道閉塞

胆石がある場合など

肝臓胆道系に異常があると値が上昇するため、

主に肝機能のチェックとして使用されますが、

アルコール薬、重金属など

解毒する必要のある物質の摂取が多くても

数値が上がります。

γ-GTPとは?

アルコールなどの

解毒が必要な物質は肝臓に運ばれ、

肝臓で解毒に使われるグルタチオンという

タンパク質が作られます。

グルタチオンは、

グルタミン酸・システイン・グリシンという

アミノ酸(タンパク質)と

酸素水素炭素窒素・硫黄で出来ており、

硫黄の部分に解毒する物質がくっ付くことで

水に溶けやすくなり、

細胞の外へ排出されます。

 

解毒するものが多ければ、

グルタチオンが沢山作られますが、

このグルタチオンを再利用するために、

グルタチオンを分解するのが、

γ-GTP。

 

グルタチオンが多ければ、

γ-GTPも増えるという訳です。

γ-GTPが少ない人は?

逆に、γ-GTPが低い場合

解毒が十分に出来ない可能性もあるため、

低いのも問題。

γ-GTPは、タンパク質で出来ているため、

タンパク質の摂取量が不足していないか、

消化吸収に問題が無いか、

是非、チェックしてみてください。

γ-GTPを上げるにも、下げるにはシステイン

γ-GTPは、

グルタミン酸・システイン・グリシンという

アミノ酸(タンパク質)で出来ていますが、

システインは

食べ物からの摂取体内での産生も難しく、

不足しがち。

γ-GTPが低い場合

システインが足りないことで、

グルタチオンが作れず、

γ-GTPが不足している場合もあります。

 

またγ-GTPが多い場合も、

システインが足りておらず、

グルタチオンが円滑に作れないこともあるため、

低い場合も、高い場合も、

システインを補充するのもお勧めです。

システインと言えば、ハイチオールC

システインと言えば、

ハイチオールC


【第3類医薬品】ハイチオールCプラス(180錠)【KENPO_11】【evm_uv11】【ハイチオール】

『倦怠感』・『二日酔い』と記載ありますが、

解毒が円滑に行われることで、

倦怠感が抜けると解釈しています。

 

システインをご紹介しましたが、

アルコールは、様々な栄養素を奪います。

健康のためには、控えるのが一番。

 

是非、参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事