〖S〗は怒ると、

こじらせます。笑

私自身も〖S〗なので、

自覚がありますが、

被害にあわれている〖M〗のため、

また、私たち〖S〗の弁解のため、

何故こじらせてしまうのか、

お伝えしておこうと思います。

自分で自分の感情が分からない

感情で生きている〖M〗からすれば、

全く理解不能かと思いますが、

理性で生きている〖S〗は、

自分で自分の感情が分からないことが

良くあります。

 

嬉しいとか、

悲しいという感情は理解できても、

突発的な出来事に対する怒りについては、

どういう理由で自分が怒っていて、

相手にどうして欲しかったのか、

自分でも分かりません。

 

そのため、

素直に感情を伝えたくても

伝えることが出来ない訳です。

弱いところを見せるのが苦手

見栄っ張りの〖S〗は、

弱いところを見せるのが苦手。

 

突発的な出来事に対し、

無意識に強がる傾向が強い。

 

結果、

こじらせることになります。

一呼吸置いて、冷静になって伝える

理性で生きている〖S〗も時間を置いて、

冷静に考えれば、

どういう理由で怒り、

相手にどうして欲しかったのか、

理解することが出来ますが、

その間、〖M〗は不安に陥っています。

2人の将来を大切に思うのなら、

こじらせたものは、放置しない方が良い。

 

時間が経ってからでも、

伝えることで、

〖M〗は不安から解放され、安心し、

理解することが出来ます。

 

拗らせた場合は、

是非、素直に〖M〗に伝える努力を

してあげてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事