相性の良い〖S〗と〖M〗

 

それは、

〖S〗が自然にふるまうことで、

〖M〗に対し、

意図せず、駆け引きが成立するから。

 

今回は、

どのように駆け引きが成立するのか、

詳しくお伝えしようと思います。

連絡無精な〖S〗×無条件で信用する〖M〗

好きになったら

無条件で相手を信用する〖M〗は、

好きな人が出来ると、

常に不安と隣り合わせ。

しかし、合理主義で、

自分を理解してほしいという欲のない〖S〗は、

自身の日常報告などは、不必要な連絡に分類。

必要な連絡以外、

自分から連絡をしません。

 

〖M〗自身は、

自分を知って欲しいという欲も強く、

日々の出来事を報告しがちなため、

〖S〗が連絡してこないことが理解できず、

〖S〗からは、

必要な最小限の連絡で、

〖S〗が日々何をしているのか分からず、

より不安になります。

 

また〖M〗は、

構って欲しいという欲求も満たされないため、

〖M〗が追いかけたくなるという訳です。

愛情を行動で示す〖S〗×追いかけたい〖M〗

理性で恋愛する〖S〗は、

『口なら何とでも言える』と考えるため、

行動で愛情を示しがち。

・お付き合いしている

・連絡をしている

・信用している

・定期的に会っている

・セックスしている

・〖M〗のワガママを受け入れる

・誕生日を一緒に過ごす

・プレゼントを贈るなど

以上の行動で、

〖S〗は愛情を示しているつもりですが、

感情で生きている〖M〗には、

分かりづらい。

 

結果、

〖M〗の追いかけたい欲が

掻き立てられることになります。

信頼を重要視する〖S〗×押しに弱い〖M〗

お付き合いする上で、

信頼関係を重要視する〖S〗

可愛らしいヤキモチを、

たまに焼かれるくらい良いですが、

束縛をされることは、

信頼されていないと感じるため、

とっても苦手。

 

押しに強い〖S〗は、

いくら押されても断ることが出来ますが、

〖M〗は、押しに弱いこともあり、

異性と2人で食事などは、心配になります。

 

そのため、

〖M〗は〖S〗に気持ちをぶつけなくとも、

ヤキモチを焼いたり、心配になり、

その結果、

〖M〗が〖S〗を追いかけることになります。

セックスで愛情を確認しない〖S〗×確認する〖M〗

理性で恋愛しており、

セックスの行為自体から、

愛情を確認しない〖S〗は、

毎回のデートで身体を求めると

身体目的と思われると思っており、

セックスのないデートを、

意識的に増やす意識をします。

しかし、感情で恋愛する〖M〗は、

セックスという行為から、

相手の愛情を確認。

 

毎回のデートでセックスが無いと

不安になる傾向が強い。

そのため、〖M〗が不安になり、

〖S〗を追いかけることになります。

 

幾つか駆け引きの例を

挙げさせてもらいましたが、

日々のメールの返答だけでも

駆け引きが成立していたりします。

 

大事なのは、

〖S〗が〖S〗らしく振る舞うこと。

 

2人の関係維持のためにも、

是非、〖S〗は〖S〗らしく振る舞ってください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事