『免疫のビタミン』

と呼ばれるビタミンD。

血液中のビタミンD濃度の高い人は

低い人に比べ、

『感染症にかかりにくい』

 

またこの数週間で、色々な国より

『血液中のビタミンD濃度が高い人は新型コロナで重篤化になりにくい』

という論文も出てきたようです。

 

ビタミンDは

紫外線を浴びることで

皮膚で合成することも可能だし、

※日焼け止めしてると合成されません。

動物性食品ではイワシシラス干し

植物性食品キノコ類だと

きくらげなどに多く含まれますが、

規定量を紫外線と食事から摂ろうと思うと、

松崎しげる並みになるか、下記を毎日摂取。

イワシ 2尾

シラス干し 60g

干しシイタケ 94個

キクラゲ 44個

※1500IU/1日で計算

 

はい、無理。

なので、サプリで摂るのをお勧めしてます。

 

摂取量の目安は、

2000IU~3000IU/1日

花粉症やアレルギーなどある方、

コロナ対策には、

5000IUでも良いかと思います。

Source Naturals,ビタミンD-3、5,000 IU、カプセル240錠

ただ、5000IU摂る場合は、

定期に血液中のビタミンD濃度

チェックが必要です。

クリニックでも調べてもらえると思いますが、

キットもあります。

詳しくは、こちらの記事に書いてありますので、

是非、ご覧ください。

 

また、摂取したビタミンDを

効率よく吸収させるには、

マグネシウムが必須。

 

マグネシウムは海草大豆に多く含まれるので、

個人的にはお味噌汁には必ず海藻を入れたり、

納豆や酢の物食べたり、

こちらも愛用しています。

Trace Minerals Research, コンセントレース、微量ミネラルドロップス、4 fl oz

リキッドタイプで手軽にとれるし、

お味噌汁や飲み物に入れて

随時摂っています。

 

またマグネシウムは皮膚からも吸収できるので、

こちらも入浴剤として愛用中。

ただ相当量入れないと

1日の摂取量には届かないので、ご注意を。

Life-flo, ピュアマグネシウムフレーク、塩化マグネシウム塩水、1.65ポンド

お湯がトロっとするし、

アロマオイルを数滴垂らすと、

かなり癒されますよ。

 

自粛生活が続き、

ワクチンや薬の完成を

待っているのが現状ですが、

それと並行して、

感染症にかからない身体作りをすることも

重要だと思ってます。

 

そのためにも、

予防医学の普及が急務

もっと情報を届けていきたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事