先日、名古屋のグルメ情報に詳しい

Mさんに誘って頂き、

ミシュラン2つ星 

予約困難店のラ・ヴァガボンド

行ってきました。

ずっと行きたかったお店だったのと、

久々の高級店でのディナーだったので、

誘われた際は、即答でお返事。

 

これが、この日のメニューです。

上3つが前菜、お魚、お肉、

口直しのシャーベット、

デザート、アイス、茶菓子。

 

まず、一品目の『化石の上』

米粉のチップス×雲丹、

シャンパン〆めの鯖×何か、笑

カワハギ×肝×キャビア×那須、

猪肉のソーセージ、

シャンパン漬けのいくらのタルト、

烏賊のベニエ

 

どのプレートも、

とっても丁寧に説明してくださいましたが、

ほぼ忘れましたので、

気になる方は、

食べログの口コミを参照ください。笑

 

一品一品とっても手が込んでいて、

見た目もとっても繊細。

かなり手を掛けてらっしゃるのが見て取れますし、

独特な世界観

盛り付けとっても芸術的。

味も勿論、すべて美味でした。

 

こちらも『化石の上』の続き。

鮑×オクラの葉

ゆっくり炊かれた鮑。

肝がとっても美味しかったです。

 

次は、『Betterave』

崩すのを躊躇うくらい

綺麗な一皿。

Betteraveは、ビーツのことだそうで、

中には毛ガニクスクス、

様々なハーブが入っていること以外

忘れました。笑

 

一皿に色々な食材を使用されていて、

口に運ぶごとに味が変化するので

とても面白かったです。

 

次は『Carré』

フォアグラ×洋梨×焼き菓子

ピーカンナッツ

 

濃厚なフォアグラに洋梨のほのかな甘みと

焼き菓子の食感がとっても美味。

 

そしてこちらは、

黒毛和牛の生ハムの一皿。

中は、

からし菜自家製のクルトンなど。

食感が面白く、

こちらもとっても美味でした。

 

次は『喜知次』

喜知次=キンキのことだそうで、

炭火で焼かれとっても香ばしく、美味。

 

また、一緒に添えられた

天然のマイタケ

松茸のような歯ごたえで、味も濃厚。

とっても美味で驚きました。

 

次に『知多牛』

低温で火入れされた知多牛。

トリュフソテーしたゆり根、

エシャロットの素揚げが添えられてましたが、

お肉との相性が、とっても良く

こちらもかなり美味。

 

そして、『マスカット』

皮を剥いたマスカットにシャーベット、

下の方にある

ココナッツのブランマンジェ

おかわりしたいほど美味。

マスカットの清涼感と濃厚なブランマンジェの

バランスがとても良く、とても美味でした。

 

次は『Opéra』

こちらも、崩すのが勿体ないほどの一皿。

個人的に、

チョコレートのケーキの類は苦手なんですが、

こちらは、ブラックココアを使用した

パリパリの生地の苦みが程良く、

クランブルなど食感も楽しく、

とっても美味しかったです。

 

『Tawny20y』

こちらは、

Tawny20yというお酒を合わせたアイス。

ドライフルーツのような濃厚な味で、

この季節に合った濃厚な味わいで

とっても美味でした。

 

最後の『茶菓子』

フレッシュのハーブティーに

マカロンとアーモンド。

 

このハーブティー、

何て名前のハーブだったか忘れましたが、

そのハーブから出る色だそうで

色がブルー。

目にも美しく、とっても綺麗。

味もとっても美味でした。

 

どの一品も

とっても丁寧に調理され、

様々な食材やスパイス、ハーブを組み合わせ、

複雑に構成されていて、感動。

器の選び方盛り付けとっても芸術的で、

視覚でも魅了されました。

 

流石、ミシュラン2つ星。

 

次回伺う際は、

しっかり説明を聞いて覚えておこうと思います。笑

 

誘ってくれたMさん、

貴重な機会をどうも有難うね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事