今回は甲状腺機能のチェックをしたので、

共有しておこうと思います。

甲状腺は、首の根元にある臓器で、

ヨードを材料に甲状腺ホルモンを合成、分泌しており、

基礎代謝をコントロール。

 

心拍数体温筋力体重

生理周期神経系

コレステロール呼吸などを調整しているホルモンで、

脳の視床下部から指令

下垂体(TSH)

甲状腺(T3,T4)

の順で指令が送られ、

T3、T4が合成・分泌されます。

T3はT4の5倍の活性があり、

肝臓でT4からT3へ変換されたものが

全体の8割を占めています。

 

甲状腺機能を見る場合、

血液検査では、

TSH、T3、T4の数値で状態をチェック。

※クリニックによっては、T3を検査しないクリニックもあります。

理想値としては、

TSH:1

T3:3

T4:1.5

 

今回の私の甲状腺のデータがこちら。

一般的な甲状腺機能低下の場合

T3、T4をたくさん合成するよう指令が増えるので、

TSHは上がるんですが、

私の場合、TSHが下がり、

T3も微妙に下がってます。

 

このデータから推測できるのは、

高ストレスによる、コルチゾール過多。

血液検査や毛髪ミネラルなど総合的に考えると、

肝臓でのT4からT3での変換障害や、

水銀の蓄積鉄欠乏、

ヨード(材料)不足も背景にありそうな感じ。

甲状腺機能低下の症状としては、

薄毛や脱毛、眉尻の1/3の喪失

顔のむくみ、甲状腺の腫脹、皮膚の乾燥、

徐脈、食欲不振、便秘、不妊・生理不順、

手足の冷え、足の浮腫など。

 

実際に私も眉尻の1/3無いので、

アートメイクしています。

高校生の時、抜きすぎたことが原因と思ってましたが、

甲状腺機能低下の症状だったとは。

 

ということは、

顔も浮腫んでいるということなので、

体調が改善すれば、

顔が少しは小さくなるのかと期待。

 

対策としては、

低血糖・副腎疲労・腸内環境の改善

またアマルガムの除去で様子を見ます。

甲状腺機能低下を詳しく調べるには

血液データを見るのが良いですが、

二の腕の皮を摘まめない場合は、

浮腫みがあり、

甲状腺機能低下の傾向あり。

 

甲状腺ホルモンはダイエットのカギにもなりますので、

是非チェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事