今回は女性の三大良性疾患

子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症について

整理していこうと思います。

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは、

子宮の壁にできる良性の腫瘍。

子宮の壁は平滑筋という筋肉でできているため、

“筋腫”と呼ばれ、

小さいなものを含めると、

殆どの女性にあるそうで、基本的には無症状。

出来る場所によって症状が異なります。

筋層内筋腫

全体の約7割を占める最も多いのが、

筋層内筋腫。

子宮の変形により、

月経痛腰痛過多月経

性交痛頻尿排尿困難便秘などの

症状があります。

粘膜下筋腫

子宮内膜の内側に発生する筋腫。

発生頻度は低いそうですが、

小さなものでも月経量が多くなったり、

その影響で貧血になったりと

症状が出やすいタイプだそう。

 

一部は根本に茎をもつ有茎性粘膜下筋腫となり、

陣痛と似た下腹部痛を引き起こしたり、

子宮内で成長し、子宮口から突出したものは、

”筋腫分娩”と呼ばれるそうです。

漿膜下筋腫

子宮の外側を覆う漿膜の内側に発生する筋腫。

子宮内部を圧迫することはないため、

症状が現れにくいため、

大きくなるまで無症状のことが多いそう。

 

周辺臓器を圧迫したり、

子宮本体から離れ、

細い茎でつながる有茎性の有茎性漿膜下筋腫もあり、

茎がねじれると激痛を伴い、

緊急手術になることもあるそう。

子宮内膜症・子宮腺筋症とは?

子宮内膜が子宮外に発生したものを子宮内膜症

卵巣に発生したものをチョコレート嚢胞

子宮筋層に発生したものを子宮腺筋症といいます。

 

主な症状は、月経痛腰痛過多月経

また排便痛性交痛などがあります。

早期の発見が大切

私自身、20代半ばに子宮内膜症であると

診断されました。

 

生理痛が酷く

月経の度に鎮痛剤を服用していたため、

子宮筋腫である友人に相談したところ、

婦人科を受診を勧められたのがきっかけです。

 

栄養の勉強していて痛感するのは、

身体はとても精巧に出来ているということ。

 

痛みがあるのは、身体からのサインです。

一人で悩むより、

早期に受診して、違えば悩む必要もないし、

診断されれば治療をしていくだけ。

前に進めます。

 

生理痛が酷い

経血に塊が混じるなどの場合は、

勇気は要りますが、

早期の受診をお勧めします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事