先日、Clubhouseにて、

タイトルの話題で盛り上がったので、

〖S〗と〖M〗の『ごめんなさい』の違い

についてお伝えしようと思います。

〖S〗は、『ごめんなさい』ということで保身する

自分の意志を強く持って生きている〖S〗は、

自分の行動にも責任を持っており、

ミスをした際、

自分の考えが誤っていたときなど、

自分の非を認め、謝罪します。

 

この時、〖S〗は、

『ごめんなさい』と速やかに謝罪し、

自分の非を認めることで、

相手から責められないよう保身しています。

 

ただ、自分に非が無い場合でも、

謝罪することで

揉めごとの鎮静化を図るためなど、

合理的に謝罪する場合もあります。

 

この場合は、

自分の非を認めていないケースが多く、

とりあえず誤っておくというスタンスです。

〖M〗は、保身から『ごめんなさい』が言えない

臆病で、

人の顔色を伺いがちな〖M〗は、

自分がミスをしたときなど、

申し訳なさ過ぎて、

『ごめんなさい』が言えない場合があります。

 

この時、〖M〗は、

『ごめんなさい』と謝罪し、

自分の非を認めてしまうと、

相手から責められると考えているため、

保身から『ごめんなさい』と言えず、

言い訳をしてしまいがちです。

 

『ごめんなさい』と

言葉で謝罪していなくとも、

猛省しており、

〖M〗の人の表情には、

謝罪の思いが溢れているので、

容易に反省しているのが分かると思います。

 

是非、誤解しないようにしてあげてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事