経皮毒とは、皮膚を通して

有害化学物質(毒)が入ってくること

を言います。

部位別の経皮吸収率

部位別の経皮吸収率は、

足の裏:0.14

手のひら:0.83

背中:1.7

頭皮:3.5

頬:13.0

性器:42.0

※田辺三菱製薬のHP参照

 

性器は粘膜なので

飛び抜けて高い。

日本の生理用品から内分泌かく乱物質が!

そんな経皮吸収率の高い部分に使用する

生理用品。

日本で一般的に市販されている

ナプキン

ポリエステル・ポリプロピレン等の

合成プラスチックが使われていますが、

生理用ナプキンには、

一般的な市販のプラスチック製品よりも

揮発性有機化合物(VOC)

フタル酸エステル類の含有量が多い

という研究があります。

 

そして残念ながら、

この研究に使用されていたナプキンの中に

日本製のナプキンも!!

 

この研究によると、

生理用品から検出されるVOCは

月経不順の原因と疑われており、

他の研究では神経認知障害

喘息先天性障害、および

また生殖器系の発達と機能に悪影響

 

また、フタル酸エステル類も

ある動物モデル研究で

月経周期を混乱させる可能性がある、

また他の研究でも心臓や血管障害

生殖および内分泌系の機能に影響

及ぼすとのこと。

 

勿論、研究でどこのメーカーのどの商品が

使われていたかは不明。

ただ、日本のドラッグストアで

一般的に入手できるものでしょうし、

この手の生理用品の実際の原材料表示って、

かなりザックリ。

 

そういうものは避けた方が無難。

お勧めの生理用品

最近では日本でも

オーガニックコットンのナプキン

購入できますので、

念のためご紹介しておきます。

シシフィーユ(sisiFILLE) サニタリーパッド23.5cm 多い日用 16個入

 

ナチュラムーン 生理用ナプキン 多い日の昼用(羽つき) 16個入

 

オーガニックのタンポンについては、

日本では販売されてませんが、

アメリカよりお取り寄せが可能。

Natracare, オーガニックコットンタンポン, レギュラー, 16 タンポン

Natracare, 有機綿タンポン, スーパー, 16タンポン

ただ、タンポンは私も使用しますが、

グレーゾーンだなと思ってます。

 

これは改めて記事にしようと思いますので、

お待ちください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事