SM理論を

恋愛に応用しやすくするために、

今回は『S』の特徴について、

書いておこうと思います。

※画像出典:ZARA

先日投稿した

『M』の取扱説明書同様、

ご活用して頂き、

役立てて頂ければと思います。

好きになっても簡単に信用しない

好きな人が出来ても、

メールの内容頻度、行動などから、

自分をどう思っているのか、

冷静に分析。

 

簡単に信用することはありません。

 

信用に至らなかったり、

デートのスケジュールがなかなか合わない場合、

結構簡単に諦めるのが特徴です。

行動で愛情を確認する

恋愛でも冷静な『S』は、

相手の言動行動

セックスを含め、

トータルで愛情を確認します。

 

行動を重んずる傾向にあるため、

どれだけ甘いことを言われても、

行動が伴っているか、冷静に判断。

 

そのため、『S』自身も、

基本的には愛情を行動で表現。

また、言葉での表現は、

淡泊なのが特徴です。

付き合うという形式に拘りがち

『S』女性の場合、

彼女にしたいと思われない=その程度しか愛されていない

という考えを持っていることが多く、

付き合うなど形式に拘ります。

 

どれだけ言動や行動で愛情を示していても、

彼女にしたいと思われないのは、

かなりの原点項目。

 

そのため、身体の関係を持ちながらも、

付き合うに至っていない場合、

どれだけ相手のことが好きでも、

将来的に傷つくのを恐れ、

自ら身を引くケースが多いのが特徴です。

オチのない話、不要な連絡はしない

サービス好き合理的な『S』は、

無駄な連絡は避けるため、

自身の日常の出来事を報告しないなど、

連絡無精なケースが多いのが特徴。

 

また、自分を分かって欲しいという欲求より、

相手を理解したい気持ちが強いのも

理由の一つ。

 

隠しているわけではないので、

聞かれれば答えますのが、

詮索されると、

信頼されていないと感じるため、

不愉快になります。

 

不安になるくらいなら、

『もう少し連絡してほしい』など、

相手にお願いしてみてください。

信頼と理解が重要

パートナーシップにおいて『S』が

最も重要としているのが、

信頼。

 

仕事が忙しいときなど、

信頼した上で、

労ったり、気遣ってもらうと、

愛情が倍増します。

 

但し、

『本当に仕事なの?』

『友人とは会う時間があるの?』など

疑われたり、

束縛焼きもちを焼かれると、

一気に冷めます。

 

『S』にとって、信頼は積み重ね。

 

『S』が忙しいときに、

仕事に励む、自分を磨くなどして頂けると、

共に成長できる相手と認識し

大切にします。

 

是非、会えない時間を

有効活用してみてください。

パートナーを頼ることはない

人に甘えることが苦手な『S』は、

相談は勿論、

風邪をひいても、

パートナーを頼ることはありません。

 

というのも、

自分自身で決断したい、

弱っている姿を見せたくない、

パートナーに、

余分な心配を掛けたくない

常に考えているから。

 

このような場合、放置が一番。

 

信頼し、放置してくれることに

愛情を感じますので、

温かく見守って頂ければと思います。

デートは相手に合わせ、行きたいとこは別行動

パートナーに尽くすことが好きな『S』は、

自分が喜ぶより、

相手が喜んでいる姿を見るのが好き。

 

そのため、

デートにおいても自分の希望より、

相手の希望に合わせるのが特徴で、

自分の行きたい場所などは

共通の趣味を持つ友人や、

一人で行く傾向があります。

 

『連れて行きたくない』などの理由ではなく、

自分の時間を大切にし、

お互いの時間を作ることで

無理のない関係性を構築しようと思っているだけ。

 

理解して頂き、

お互いの時間を楽しんで頂ければと思います。

会えない時は、自分の時間を楽しむ

集団行動が得意で、

交友関係広めの『S』

 

パートナーと会えない時は、

気持ちを切り替え、

仕事プライベートを充実させるのが特徴です。

 

そのため、

仕事やプライベートに集中し、

連絡が疎かになる傾向がありますが、

気持ちに変わりはありません。

 

連絡が来なくても、

デートは変わらない思いで来ますので、

ご安心ください。

デートの約束は、合理的に

合理的にスケジュールを組みたがる『S』は、

デートの終了時や翌日など

近日中に次のデートの予定

立てる傾向にあります。

 

というのも、

合理的にスケジュールを組むことで、

会わない時期は、

仕事やプライベートの予定を充実させたい

考えているから。

 

また、

突発的に誘われる=軽い相手

との考えを持っている『S』女性も居るので

注意が必要。

 

『S』を誘う際は、

余裕を持って誘うよう、心掛けてください。

別れた際は、連絡先や写真は削除

『M』をフることが多い『S』

 

考え抜いて別れを決断した場合は、

悲しむこともなく、

開放的になりますが、

保身のためなど、

苦渋の決断により別れた場合

『M』同様、悲しみに暮れます。

 

ただし、『S』は『M』ほど忍耐力がないため

別れた直後に写真を見ることなど

不可能。

 

連絡先写真は削除

目の届かないところに移動するなど、

切り替えることに専念するのが特徴です。

 

『S』も『M』も、

性別問わず同じ考え方で、

個人差はあれど、大きく逸れることはありません。

 

是非、取扱説明書をご活用いただき、

円滑な関係の構築

役立てて頂ければ幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事