今回は〖S〗と〖M〗での、

LINEなどの連絡についての違い

についてお伝えします。

〖S〗の私自身、

〖M〗への気遣いメールが無意味であること気付き、

ショックを覚えたので、

皆さんが同じ目に合わないよう、

情報共有をしておこうと思います。

 

是非、参考にして頂ければ嬉しいです。

『S』は、とにかく連絡無精

合理主義で、

『自分を分かって欲しい』という欲求のない『S』は、

オチのない日常の報告など、

重要な報告以外、

自発的に連絡はしません。

 

そのため、

連絡無精な人が多く、

LINEなどは、

返答がメインになりがち。

 

また、理性で恋愛する『S』は、

返信の内容も、

その時の自分の感情ではなく、

相手が喜ぶ返答を考え、

返信するのも特徴のひとつです。

付き合う前や、付き合い始めの場合は積極的

付き合う前や、付き合いたての頃は、

信頼関係の構築などのため、

自分からも積極的にLINEを送りますが、

関係が安定すると、

安心感信頼感から、

連絡無精になる傾向があります。

 

〖S〗からの連絡が減ると不安になるかと思いますが、

遊びの場合を除き、

相手を信頼しているからであり、

冷めた訳でも、

隠しごとをしている訳でもありません。

 

不安になるくらいなら、

『不安だから、もっと連絡が欲しい』と

素直に気持ちを伝えてみてください。

 

その旨を伝えても変わらない場合は、

遊び、もしくは大した男性ではないので、

見切りをつけるのがお勧めです。

自分を安売りするのは、止めましょう。

遊びの場合は、関係維持に努める

『S』は、理性で生きているため、

残念ながら、

本心ではないメッセージも送ることが可能

 

遊びの場合は、

『何と言ったら繋ぎ止められるか』など考え、

相手を安心させるメッセージなどを送り、

関係維持に努めます。

 

恋愛において最重要なのは、

行動です。

 

相手の行動が、言動に伴っているのか、

冷静に判断するようにしましょう。

『M』は感情でLINEを送る

感情で恋愛する『M』は、

好きな相手に、

その時の感情以外送ることが出来ません。

 

また、『自分を分かって欲しい』

という欲求も強め。

 

好きな相手に嘘をつくことは出来ず、

内容もその瞬間の本心。

 

ただし、その瞬間であることから、

自分の言ったことですら、

忘れるのが早いのも特徴ですので

ご注意ください。

LINEの頻度で愛情を確認することが可能

感情で恋愛しており、

計算などは一切できない〖M〗

 

大好きな人には、積極的に連絡をしますが、

一度冷めると、

一切送らなくなるのも特徴の一つ。

 

そのため、

〖M〗の愛情は、

連絡の頻度で容易に推測することが可能。

 

連絡が多ければ、大好きなサイン。

少なければ、興味がないということ。

 

連絡が少ない場合は、身を引きましょう。

〖M〗に気遣いや配慮はいらない

〖M〗は感情で生きているため、

相手からのメッセージも、

ストレートに受け止めます。

 

そのため、

裏に隠された気遣い

配慮などには気が付きません。

 

例えば、忙しい〖M〗に、

『連絡は無理しないで良いよ』と送ると、

そのまま受け取るため、

連絡は無理して送らなくて良い

判断するということです。

 

忙しくとも連絡が欲しい場合は、

ストレートに伝えるようにしてください。

遊びの時のLINEは露骨

良くも悪くも、

感情が露骨に出る〖M〗

 

遊びの場合は、

SEXがしたいとき

都合よく使える場合にしか、

連絡をしてきません。

 

そのため、内容もとにかくドライで、

欲求が満たされれば、用無し。

 

相手を人とではなく、モノとして扱うのも特徴で、

必要最低限しか連絡をせず、

関係性を穏便にしようなどという、

配慮もありません。

 

遊びの〖M〗に心を奪われた場合は、

悲惨な結果しか残されていませんので、

ご注意ください。

 

LINEなどの連絡においても、

〖S〗と〖M〗の特徴がでます。

 

相手がどちらのタイプなのか知ることで、

不必要な不安を抱かなくなったり、

どう振る舞えば相手に響くのか、

判断することが可能です。

 

是非、活用して頂き、

より良いパートナーシップを構築して頂ければ幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事