ダイエット中のおやつに良いと

言われているナッツ。

 

アーモンドにはビタミンE

くるみにはオメガ3など、

良質な油やビタミン、

抗酸化物質や食物繊維などが

手軽に摂れるので

好んで食べてる方も多いと思いますが、

選び方・食べ方に

ちょっとだけ注意が必要です。

そのポイントは…

生のナッツを選ぶ

日本で手に入り易いものは

ローストされているのが一般的。

 

アーモンドに含まれる

ビタミンEは抗酸化物質ではありますが、

くるみに含まれるオメガ3は

とっても酸化しやすい

 

折角ダイエットのため摂っていても、

体内で炎症を起こす原因となり、

逆効果になる恐れもあるので、

選ぶときは、

生のナッツを選びましょう。

 

また生のままだと発芽毒という

酵素の働きを抑制する物質含まれており、

タンパク質やミネラル等の吸収を阻害します。

 

ただ、加熱することで無毒化出来るので、

食べる前には必ずローストしましょう。

※フライパンで乾煎りなど

 

②よく噛んで食べる

実はナッツには、

「アフラトキシン」という

強力な発がん物質であるカビ毒

付着していることがあります。

 

行政がチェックをしているそうですが、

湿気の多い梅雨の時期などは

特に生えやすい環境となります。

 

ただ、このカビ毒、

咀嚼することで無毒化することが

研究により証明されています。

 

無毒化するには、

最低30秒以上咀嚼が必要。

 

しっかり咀嚼して召し上がってください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事