先日、ドM女性とお話していた際、

私のドSっぷりが酷く、

『是非、記事にしてほしい』と頼まれましたので、

ドS女性の生態の参考までに、

私のドS的思考過去の出来事について

書いておこうと思います。

オチの無い話はしない

現実主義、合理主義だからなのか、

もしくは、サービスの『S』だからなのか、

オチのない話は無駄

と考える私。

聞くのも、話すのもあまり好みません。

そのため、

オチが無い、または相手に聞かれなければ、

自分の話はしません。

 

『今日〇〇したよ』なんてメールは、

一生送ることはないと思います。

勝手に手を握ってくる人とは二度と合わない

婚活していると、

付き合ってもいないのに、

手を握ってくる人が居ます。

許可を出した覚えもないのに、

勘弁してくださいと思います。

 

そういう人とは、二度とお会いしません。

『仕事と俺とどっちが大事?』

男性に依存しない、私。

20代は、キャリアを付けるため、

必死に働いていました。

 

当時、2年程付き合っていた彼氏が居ましたが、

仕事のことを理解してもらえず、

最終的に言われた言葉が、

『仕事と俺とどっちが大事?』

 

今思えば、この彼はドMだったんだと思いますが、

そんなことすら説明が必要なのかと、

面倒でお別れしました。

誕生日のサプライズ訪問に居留守

サプライズが、鳥肌急に苦手な私。

当時、付き合って間もない彼氏が、

私の誕生日当日に、

サプライズでアポなし訪問。

 

社会人にアポなしとか、理解不能。

気持ちは嬉しいですが、

仕事の段取り優先。

 

どうしようかと一瞬迷いましたが、

選んだのは、居留守。

 

『出張で不在』と嘘をつき、

ケーキは、

コンシェルジュに渡してもらいました。

初デートを気分でキャンセル

初デート当日に

気分が乗らなくなった私。

仕事が入ったと嘘をつき、ドタキャンしました。

すると、相手のドMの男性より、

『会えると思っていたので、淋しい』

と連絡が着ました。

 

それに対し、

『今度会えばいいでしょ?』

 

これは、自分でも最低だなと反省しています。

追い金して、1カラットのダイヤの婚約指輪に変更

20代後半の頃、

当時付き合っていた彼と結婚の話が浮上。

婚約指輪を頂くことになりました。

ただ、当時の私はジュエリーも好きで、

婚約指輪は、

1カラット以上のダイヤの指輪が

欲しいと思っていました。

 

でも、当時の彼のお給料の3か月分では、

1カラットのダイヤの指輪は買えない。

でも、1カラット無いダイヤ指輪はいらない。

 

私:『じゃあ、追い金します』

差額分を自腹で追い金。

 

無事、1カラットのダイヤの婚約指輪を、

頂きました。

 

でも、彼とはその後、別の理由で破談。

 

現在はジュエリーに全く興味がなくなり、

日の目を見ることなく、

ジュエリーボックスで眠っています。

襲われるくらいなら、車から飛び降りる

タイトルがタイトルなだけに、

誤解されそうなので先に言っておきますが、

幸い未だ未経験です。

 

男性に押されても屈しない、私。

男性が迫ってきたとしても、

『断固として、私は闘う』

 

車中であれば、

最悪、走っている車から飛び降りてでも、

嫌なものは嫌。

 

それで死んだとしても、

貞操が守られれば満足。

 

死んだ後に襲われたとしても、

私の意志とは無関係だから、まあ良い。

 

それくらい、

押されても、嫌なものは嫌ということです。

婚約指輪より、地金が欲しい

束縛=信用されていない

と考えるため、

束縛が大の苦手。

 

若い頃はジュエリーに興味もありましたが、

現在の私にとって、

婚約・結婚指輪は、『誰かに属している』ことを

第三者に表明しているように感じるため、

指輪は足枷。

ペアリングも、虫唾が走ります。

 

また現実主義で、

要らないものにお金を使うのも苦手。

 

そのため、頂けるのであれば、

給料3か月分の指輪より、給料3か月分の地金が欲しい

と本気で思っています。

服装もスケジュールも、全く合わせない

恋愛においても冷静。

たとえ彼氏でも、

人の意見に流されません。

どんなに忙しい相手でも、

洋服を買ってくれると言っても、

譲りません。

 

そんな人には、

『何で私が合わせるの?お前が合わせろ』

と本気で思います。

 

好みのスタイルなどを聞いても、

無視。

髪の毛も、勝手に刈り上げます。

 

私のスタイルが嫌なら、

無理に一緒にいる必要はない、

他の子を探してくださいと思います。

最低だな。

私のS的思考や過去の出来事など

思い当たるものを書かせて頂きましたが、

最低だな。笑

不愉快になられた方、申し訳ございません。

 

『S』と『M』について理解するまでは、

理系だし、

男性脳が強いんだろうと思っていましたが、

今となっては、

単にドSなだけ。

 

『こんな女性の何が良いんだろう』

と自分でも思いますが、

世の中にはドM男性も存在。

有難いことです。

 

こんな私ですが、

このまま邁進していこうと思いますので、

ドS女性の参考にして頂ければ嬉しいです。

今後とも、末永いお付き合いを

宜しくお願い致します☺

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事