私の検査結果の報告が続きますが、

今回は毛髪ミネラル検査のご報告です。

毛髪ミネラル検査で何が分かるの?

毛髪ミネラル検査とは、

過去3カ月の毛髪中のミネラル量を検査して、

必須ミネラルの過不足

有害ミネラルの蓄積を推測する検査。

ミネラルはビタミンと違い、

身体が一定のレベルに保つよう働くので、

血液検査では過不足が分からない。

そのため、ミネラルの排泄器官である

毛髪から推測していきます。

まずは必須ミネラルから。

必須ミネラル

左振れが多いので、腸内環境 悪。

リーキーガットやカンジダを疑っているので、

想定内。

最初にナトリウム・カリウム

副腎疲労具合をチェックします。

右振れしているので、私は副腎疲労の初期で、

コルチゾールが多量に使われている状態。

左に振れると、コルチゾールがカスカスで

副腎疲労晩期の状態。

良かった、晩期でなくて。笑

次にカルシウム・マグネシウム。

本来はナトリウム・カリウムと

逆方向へ振れるそうですが

私の場合、同じ方向。

これは、副腎疲労時に強いストレスがかかると

同じ方向に振れるそう。

確かに過去3カ月以内に物凄いストレスあったので、

しっかり毛髪にも出るんですねと感心。笑

そして、銅と亜鉛。

銅と亜鉛は拮抗ミネラルなので

同じくらいのバランスが良いとされてます。

一応、両方とも基準値だけど、

亜鉛が低め。

亜鉛のサプリ摂ってはいるけど、

吸収できてないのかなと推測。

他にも

マンガン・クロム:血糖コントロール不良

モリブデン・硫黄:解毒力低下

ヨウ素:甲状腺の材料不足

セレン:抗酸化力低下

とかありそうですが、

結局、胃腸機能が弱いので、

食物から栄養を上手く吸収出来てないだろうな。

ミネラルの比率から分かること

また先程の各ミネラルの比率からは、

Ca/Mg:低血糖

Na/K:交感神経優位・副腎疲労

としっかり出てました。

身体って本当に精巧

有害ミネラル

最後に有害ミネラル。

こちらは、カウンティングルールと言って、

有害金属の蓄積によって

ミネラルの輸送障害が出ているかチェックするんですが、

私の場合、ミネラルの輸送障害あり。

 

水銀が蓄積し、他のミネラルの

輸送を邪魔してる可能性があるってことですが、

口腔内のアマルガムもセラミックに替えたし、

マグロの頻回摂取もしてないしなと思ってましたが、

何と、上の奥歯にあった。笑

 

まぁ、プラスに考えて、

アマルガム除去の記事が書けるってことで。笑

アマルガムの除去について

ただここで注意したいのが、

口腔内にアマルガムがあるからと言って、

すぐに除去するのはNG

というのも、

アマルガムを除去するとき

最も水銀が暴露するから。

リーキーガットがある場合は

まずリーキーガットを治してから。

 

アマルガム除去の記事は半年か1年先

になると思われますが、お待ちください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事