最近、インテリアのお仕事

ご相談を頂く機会が増えてきましたので、

カテゴリーにインテリアを追加。

今後はインテリアについても投稿していきますので、

是非、参考にして頂ければ嬉しいです。

さて、初回は大好きなLIBECOのご紹介です。

LIBECOとは?

LIBECOは、ベルギーリネンの会社。

創業は1858年となかなかの老舗。

 

オーガニック認定を受けている商品は、

HERITAGEという商品のみですが、

LIBECOのリネンには、

ベルギーのリネン 

Masters of Linen®の品質ラベルがついており、

製造プロセスや品質、

トレーサビリティなどが保証されています。

 

またLIBECOは、

リネン産業の長い伝統を持つベルギーのなかでも

トップブランドとして60%以上のシェアを保ち、

デザインや品質の向上だけでなく、

リネン生産のすべての過程において、

環境への負担の最も少ない方法を

常に採用しているそう。

お勧めポイント① LIBECOならではのデザイン

10年前の引っ越しの際、

寝具カバーを虱潰しに探しました。

 

探していたのは、インテリアと調和が取れつつ、

かといってシンプル過ぎない

個性のあるもの・・・

 

そこで出会ったのがLIBECOでした。

写真は、『Sisco』というシリーズですが、

私が、最も溺愛したシリーズで2度購入。

 

淡いブルーグレーの幅の異なるストライプ柄が、

インテリアを邪魔することなく、

他にはないデザインで

とっても気に入っていました。

今は寝室のイメージに合わせ、

ズウィンストライプというシリーズを愛用していますが、

他にはないデザインが気に入っています。

 

デザインは、シーズンごとに変わるので

それも楽しみの一つ。

 

生地の生産が終わってしまうと

二度と入ってこない可能性があるので、

気に入ったものが見つかったら、

是非購入を検討してみてください。

お勧めポイント② 肌触りの良さ

次に肌触りのよさ。

 

デザインが良いだけであれば、

恐らくリピートしなかっただろうと思いますが、

この肌触りが格別。

 

麻というと、ひんやりとした肌触りを

イメージされる方もいらっしゃるかもですが、

生地の目が細かく、厚めでしっかりしているので、

冬であってもひんやりした感じより、

肌滑りが良く、温かい。

 

しかも、貼り感もあるので、

アイロン掛けも不要かなり丈夫です。

 

デザイン性と品質

しっかり兼ね備えているからこそ、

リピートしてしまうんだなと痛感します。

 

睡眠は人生の1/3を占めますし、

これからお布団の中が気持ちよくなる季節。

 

肌触りの良いものに埋もれると本当に至福です。

 

この機会に、是非お気に入りのベッドカバーを

見つけてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事