先日、ケーラーコミュニケーションズジャパンの

Key to Meセミナー

を受講してきました。

というのも分子栄養学実践講座の

先生方が受講されて、かなり絶賛。

尊敬している方々が絶賛しているなんて

興味ありすぎるので、

早々に申し込んだ次第です。

PCMとは?

Key to Meセミナーのベースとなる、

PCMという心理学は、

人の性格の特徴を6つのタイプに分類。

全ての人はその6つのタイプを持ち合わせていて、

どのタイプが基本(ベース)にあって、

どのタイプをどの程度の割合で使っているのか、

また現在(フェーズ)は

どのタイプを主に使っているのか

知るというもの。

私たちは無意識に

自分の性格や価値観というフィルターを通して

人を見ていますが、

それを客観的に視覚化。

自分を客観視できるようになるのは勿論、

それぞれのタイプやベース、

フェーズの特徴を理解することで、

人間関係を円滑に構築することが可能。

事前に45問の質問に答えたうえで参加するので、

受講日には自分がどのタイプを

どのように持ち合わせているのか、

知ることが出来ます。

私のパーソナリティーは?

結果、

ベースがラテン人間でした。笑

分かるわ~。

そこにシンカーをいう

生真面目そうなタイプが合体。

現在は、パシスターという

有名人でいうガンジー的な

献身的で自分の信念を通すタイプが活動中だそう。

 

ベース(1F)が基本的な性格で、

基本的性格で落ち込み、

改善できなかった場合などに

上の階層に移るんだそう。

 

確かに、私の場合、

2階の自由人的気質が強かったときは、

おそらくアメリカ留学時

3階の即行動型になったのは、

帰国後の資格を取りまくっていた時期、

4階の生真面目気質の際は、

建築士で起業した後だと思われます。

現在のパシスターはここ最近の話で、

パシスターの心のエネルギー源

SNSで意見を伝えることだそうで、

ドンピシャです。

今後の人間関係で容易に活用できる

苦手な人や話しかけづらい人は、

自分がそのタイプをあまり持っておらず、

接し方や会話がしにくいのですが、

6つのタイプの特徴などを理解すれば、

飛躍的にコミュニケーションスキルがアップ。

 

また自分の性格や特徴も知ること出来るので、

自己コントロールも可能になります。

 

受講時間も8時間ですが、

楽しくてあっという間に時間が過ぎ、

興奮状態で帰宅しました。

 

人間関係で悩んでいる方、

接客やコンサル、営業職の方には

特にオススメですので、

機会があれば是非、受講してみてください。

 

そしてどんなパーソナリティだったか、

ご連絡お待ちしております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事