私が洋服は素晴らしいなと

思うことの一つに

体型が隠せること

挙げられます。

洋服を着ることで、

本来のスタイルより良く見せることが

できるから。

 

そのためには、

自分自身の体型を良く知ることが大切。

 

首は長いのか、短いのか。

肩幅はどうか?

脚は長いのか、長いのは膝上か膝下か…

 

また横から、後ろからはどう見えるのか。

そして髪型、姿勢はどうか。

着痩せするには、

良いところは活かし、

自信のないところは目立たなくさせる

アイテム選びが重要

例えば私の上半身。

肩幅が水泳部並みに広い。

肩幅が広い分、頭が小さく、

ウエストが細く見えるのも特徴です。

 

このような人がタンクトップなど着ると、

露骨に肩幅が強調されます。

ではどうするか。

 

ラグランスリーブや、

肩より外に縫い目があるものを選びます。

ただし、袖が短かったり

生地に張り感があると、

お奉行様が着る肩衣のようになり、

肩幅はより強調されますので、

ご注意ください。

また下半身は、

お尻の下の部分が横に張っており、

お尻が垂れてます。涙

 

なので、お尻部分にゆとりのある

テーパードパンツジョガーパンツ

選ぶようにしています。

またスキニーを履く場合は、

ちょっと大きめのTシャツを

前だけインして、

横と後ろはブラウジングすることで、

お尻の下の部分の出っ張りが

目立たなくなります。

少しのポイントで誤魔化せますので

小技を磨いてください

 

また膝上のスカートやショートパンツ、

ワンピースを選ぶ際は、

足の間が一番離れているところ

裾がくる丈のものを選ぶと

脚が細く見えます。

自分の体型を知るには、

江頭スタイルがオススメです。

 

自分の体のどこが出ていて目立つのか、

正面だけでなく、横や後ろからなど

チェックしてみてください。

また着痩せの仕方がわからない場合、

コメント頂ければ

記事にて回答させて頂きますので、

お気軽にコメントください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事