先日、私のInstagramのコメントから

美しい方は、自分を慈しみ努力を惜しまない
最高の人生を送っている。

だから他人に対して優しくなれる
心のゆとりがあるのだと。

そう気付いたと、

おっしゃって下さった方がいました。

『自分を慈しむ』

私自身、生まれながらにして

自己肯定感が高かった訳ではありません。

 

頼まれてもいないのに、

両親の会話から理想の娘を分析して、

勝手に良い娘を演じて、息苦しくなったり、

気が利く振りをして、

余分な仕事を引き受けて、無理をしたり。

 

過去の経験両親独自のルールから

『これはこうしなくてはならない』

『これをしてはいけない』

などの独自のルールを自分に課して、

本来の自分ではない時期もありました。

 

そうなると、

本心でやりたいわけではないので、

それがストレスとなって、

イライラしたり、

『私はどうでも良い存在なのだ』

『大事にされていない』

などと、

自分で自分の評価を下げる。

 

でもね、どんな人であっても、

ありのままでその人なりの魅力があるんです。

 

自分に無理をして相手に合わせなくても、

労力や気持ちを差し出さなくても、

等身大で大事にしてくれる人とだけ、

付き合っていけば良い。

 

そうなると、

何かを期待して付き合っている人は消え

あなたの価値を分かっている人だけ残る。

 

残った大切な人たちと

駆け引きのない関係を築くことで、

『自分には価値がある』

という

自己認識に変わっていきます。

 

自分の時間も

自分の気持ちを優先して使うようになるので、

余裕が生まれ、

また本心に従って行動するようになるので、

見返りを求めず行動することが出来、

相手にもその気持ちが伝わる。

 

そうすることで、

より自分の価値が上がっていくので、

自分により自信が出て、表情が明るくなり、

魅力が更に際立つことで、

余計に美しくなっていくのだと思っています。

 

まだまだ、私も独自のルールに

気付かされる日がありますが、

そのルールを課したのは、あくまでも自分。

 

『何のためにそうする必要があったのか』

それが分かると、

独自のルールも財産になります。

 

まずは独自のルールを辞めることから

始めてみてください。

 

皆さんがより美しくなることを

楽しみにしています。

※コーチングの依頼もお受けしております。

詳しくは、こちらをご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事