性欲が減退する理由の一つに

ストレス過多があります。

というのも、

性ホルモン(テストステロンやエストロゲン)と、

ストレスホルモンであるコルチゾールは、

原料が同じ、LDLコレステロール。

 

 

ストレス過多な環境下に晒されると、

原料のコレステロールが

ストレスホルモンのコルチゾールに回され、

性ホルモンに回ってこない。

その結果、性欲が減退。

 

3・40代自営業、管理職などの男性などに

結構多い。

コレステロールは、

経口の影響をほとんど受けず、

体内で調整(主に肝臓で合成)されています。

 

LDLコレステロールの値が低い場合は、

栄養不足による原料枯渇。

 

高い場合は、

原料が合っても上手く使えず、

血液中に溢れている状態なので、

代謝が上手くいっていないと考えます。

 

対応策としては、

ストレスの軽減食事の見直し。

 

LDLコレステロールについては、

こちらにも詳しく書いていますので、

是非ご覧ください。

 

期間が限定されたストレスなら良いですが、

長期的にわたる場合は、考えモノ。

 

症状は、身体からのサインです。

是非、参考にして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事