先日、インスタライブにて

犬のフードについて質問があったので、

記事にしておこうと思います。

 

犬もエサによって体調が変わる

当然ながら、

犬も人間と同様、

エサによって体調が変化します。

分かりやすいのが、毛並み。

安価なエサだと毛質が悪くなり、

ツヤもなくなります。

 

犬は雑食ですが、

人間と同じように、

犬もタンパク質で出来ています。

 

安価なエサの原材料を見ると、

最初に記載されているのが

トウモロコシや小麦など炭水化物。

 

そしてホルモンバランスを乱す、

保存料着色料などが使われており、

トウモロコシや小麦も、

遺伝子組み換え食品の恐れもあります。

 

エサを購入する際は、

・最初にタンパク質の記載のあるもの

・保存料や着色料不使用のもの

を選んで頂くと良いと思います。

ウェットフードとドライフード

ウェットフードとドライフード

どちらが健康に良いかと言われれば、

勿論、ウェットフードです。

理由は簡単。

酸化していないから。

 

ただデメリットとして、

・コストが掛かる

・食べやすい大きさにカットするなど手間が掛かる

・野菜などでビタミンやミネラルを補う必要がある

 

犬にとっても、

ビタミンやミネラルは非常に重要ですが、

お肉だけで

十分なビタミンやミネラルは摂取できません。

 

野菜などで補えない場合は、

無理せず、ドライフードで栄養価の高いもの

選択するようにしましょう。

 

また酸化対策として、

水素水もお勧めです。

是非、検討をしてみてください。

お勧めのフード
・ドライフード


【-】【アウトレット!】軽度パッケージ不良オリジンオリジナル 2kg

ウェットフードにするまでは

こちらのフードを愛用していました。

食いつきも良く毛並みも良好。

 

原材料に使用部位まで記載されるため

安心してあげることが出来ます。

 

ただドッグフードも

大容量のものは酸化しやすいため、

1か月ごとに購入するなど、

少量のものを購入し、

早めに使い切るのがお勧めです。

 

・ウェットフード

Butch

知人から紹介され、

すぐにこちらに変更しました。

 

こちらはウェットフードながら、

ビタミンやミネラルもしっかり添加されているので、

お野菜などを足す必要なし。

 

こちらに変えて、

摂取する水の量が減りましたが、

食いつき、毛並み共に良好です。

 

原材料が、

グラスフェッド

ニュージランドビーフを使用していたり、

海藻のケルプまで入っているなど、

かなり拘っており、お勧めです。

健康をお金で買う

Butchにフードを変えて

フード代が約2倍になりましたが、

『愛犬の健康をお金で買っている』

と考えています。

 

犬も人間と同様、

食べたもので身体が作られます。

是非、参考にして頂ければと思います。

Dogの関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事