最近ではダイエットのために

プロテインを飲むという人も多いと思いますが、

個人的にはあまりお勧めしていません。

というのも、

私のようにプロテインで腸内環境が悪化する

ケースもあるからです。

タンパク質はどのように消化・吸収されるの?

プロテインであるタンパク質は、

アミノ酸が数珠状につながり、

螺旋状や、折り畳まれた立体構造をしています。

 

タンパク質は、胃から消化がスタート。

 

胃液の主成分は、

塩酸、ペプシノーゲン、粘液と水分。

 

塩酸はタンパク質を分解しやすくしたり、

殺菌する役割があり、

ペプシノーゲンは塩酸の働きで活性化され、

ペプシンをいう消化酵素になり、

タンパク質の立体構造を壊し、分解を始めます。

 

そして十二指腸に送られ、

十二指腸の膵液胆嚢の胆汁によりさらに分解、

回腸では、アミノ酸

アミノ酸が幾つかつながったペプチドの形に分解され、

空腸に着く頃には殆どがアミノ酸に分解。

小腸上皮粘膜から吸収され、

血液によって肝臓へ送られます。

 

が、コレ消化液が十分に分泌され、

胃腸の状態の良い人の場合です。

元々タンパク質不足が疑われる場合

プロテインを摂取するまで

カロリー制限等をして

タンパク質の摂取量の少ない食事をしていた人は

そもそもタンパク不足が背景にあるため、

十分な消化液が分泌されません。

※消化液の原料はタンパク質です。

そうなると、消化・吸収できない

未消化のタンパク質により

腸内環境が悪化する恐れがあります。

腸内環境が良くない場合

また便秘腹部膨満感などがあり、

元々腸内環境が悪い場合も、

消化しきれなかったタンパク質が

腸内で優勢となっている悪玉菌のエサとなり

腸内環境が更に悪化したり、

SIBOIBS(過敏性腸症候群)などを

引き起こす恐れもあります。

 

悪化すれば、

肌トラブルに悩まされたり、

花粉症アレルギーなど

引き起こす可能性もあります。

アミノ酸を摂ろう

上記のケースが疑われる場合、

プロテインではなく、

消化の必要ないアミノ酸がお勧めです。

Thorne Research, アミノコンプレックス、ベリー、231g(8.1オンス)

 

身体はタンパク質で出来ています。

食事で不足がある場合は、

是非アミノ酸の検討をしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事