最近は、

小麦に含まれるタンパク質である

グルテンを避ける食事法である、

グルテンフリーという言葉も、

よく聞かれるようになりました。

 

先日は、

牛乳摂取のデメリットについてお伝えしましたが、

今回は、小麦についてお伝えしようと思います。

グルテンとは?

小麦粉には、

タンパク質が6~15%含まれており、

約85%グリアジングルテニンというタンパク質。

 

小麦粉に水を加えて捏ねると、

このグリアジングルテニンが絡み合って

グルテンが形成されます。

 

小麦粉には、強力粉、中力粉、薄力粉がありますが、

グルテンの含有量によって区別されており、

一番多いのがパンなどに使用する強力粉。

 

グルテンは小麦以外にも、

以下の食品に含まれます。

大麦

・ライ麦

・オーツ麦

ちなみに巷で販売されている

ローカーボ(糖質オフ)のパン

ふわふわの米粉パンは、

小麦ふすま米粉を使用していますが、

小麦ふすまにはグルテンの含有は少なく、

米粉にはグルテンが含まれないため、

別途小麦グルテンを添加して製造されていますので、

ご注意ください。

アレルギー反応を起こしやすい

アレルギーには、

IgEアレルギー(即時型)と

IgGアレルギー(遅延型)の2種類がありますが、

グルテンはアレルギー反応を起こしやすく、

即時型だけでなく、

遅延型の原因にもなります。

 

遅延型は、

アナフィラキシーショックなどの

急激な体調不良の症状がないため、

日常的に摂取している食事でアレルギー食品を摂取し、

体調不良など起こす場合があります。

 

症状発症時期には個人差があり、

時間も経過しているため、

アレルギー物質の特定が難しくなります。

 

遅延型のアレルギーのチェックは、

クリニックでも可能ですが、

こちらのキットでもチェックが出来ます。

IgG 96 スタンダード・フード・パネル[日本]

気になる方は、

確認してみてください。

リーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)

グルテンは、

牛乳に含まれるタンパク質であるカゼイン同様

分解されにくい構造をしており、

未消化のまま腸の粘膜に傷をつけ、

炎症を引き起こします。

小腸の炎症が繰り返し起こることで

小腸の細胞をつなぐタイトジャンクションが緩み

本来なら取り込まれることのない異物が体内に侵入。

 

炎症・アレルギー反応を引き起こす、

リーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)になる

恐れがあります。

カンジダ菌が増殖

カンジダというと、

膣カンジダが有名ですが、

カンジダ菌は常在菌で、

誰しもが腸内に持っています。

 

少量であれば何の問題もありませんが、

増殖することで腸内環境のバランスが崩れ、

悪玉菌が優勢になります。

 

グルテンは、カンジダ菌の大好物。

カンジダ菌が増える原因になります。

 

カンジダ菌の影響で腸内環境が崩れ、

炎症を引き起こし、便秘下痢

免疫不全眠気身体のだるさ

過食甘いものへの渇望)、肌荒れなど、

多くの不定愁訴の原因になります。

 

また、カンジダ菌は増殖すると、

腸に強くこびりつき

リーキーガット症候群を引き起こします。

 

疲れたときに膣カンジダになる女性は、

腸内環境改善をして頂くと

良いかもしれません。

グルテン不耐症とは?

『グルテン不耐症』とは、

グルテンの消化不良により、

腹部膨満感、下痢、疲労感、頭痛など

症状が出る体質のこと。

 

特に日本人は欧米人に比べ、

グルテンを分解する能力が弱く、

グルテンが未消化のまま腸を通過することで

炎症が生じます。

 

グルテン不耐症は、

普段小麦を食べても問題ない人でも、

胃腸が弱っていたり、

体調不良が重なったりすることで

引き起こることがあります。

セリアック病とは?

セリアック病とは、

小腸の炎症により、

栄養素が吸収できなくなる疾患。

 

貧血骨粗鬆症発達遅延精神障害

下痢、頭痛、湿疹、不妊など

様々な問題を引き起こします。

 

セリアック病は、

成人になってからでもグルテンの摂取をきっかけに

発症する可能性もあります。

グルテンも中毒性あり

分解されたグルテンの一部が、

モルヒネのアミノ酸配列と酷似しており、

中毒性があります。

 

パンが止められない人は、

中毒症状になっている可能性大です。

 

2週間ほど小麦を断つと禁断症状が出ますが、

次第に執着がなくなりますので、

チャレンジして頂くのがお勧めです。

食品添加物や農薬、遺伝子組み換えの問題

低価格な小麦には、

漂白剤防腐剤が使用されていたり、

輸入小麦には輸送中に害虫が付かないよう、

農薬が散布されていることもあります。

 

少なくとも

スーパーで購入できる大手メーカーのパンお菓子

原材料表示のない店頭販売のパン

避けるようにして頂くと良いと思います。

グルテンフリー食品に気を付けて

最近ではグルテンフリー食品も

数多く販売されていますが、

糖質オフ食品同様、

添加物が含まれているものが多いのが難点。

購入の際は、

原材料表示をチェックするようにしてください。

消化酵素を使うのもオススメ

グルテンもカゼイン同様、

DPP-4いう酵素によって分解されます。

 

私は外食時などに愛用しています。

食前に1カプセル服用するだけ。

Houston Enzymes, AFPペプチザイド、90カプセル

ただし、あくまでグルテンの消化のみクリアされるだけで、

他のデメリットにおいては回避できませんので、

小麦の質についても気を付けてください。

 

ダイエットには、腸内改善が必須なため、

牛乳・小麦摂取のデメリットについて投稿しました。

是非、参考にして頂ければ嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事