『ダイエットの敵』

と思われがちな油ですが、

脳の約60%は脂質で構成されていたり、

細胞膜・血液・ホルモンなどの材料だったりします。

ダイエットで過度に脂質制限すると、

肌質がガサガサになって老け込んだり

性欲がなくなったり、

脳のパフォーマンスが落ちたりと、

何かと不具合出ます。

 

今回は脂質の役割種類などについて説明しますので、

『脂質制限』ではなく、『脂質選択』して、

油を味方につけて、

健康的にダイエットして頂きたいと思います。

細胞膜の働き

私たちの身体は約37兆個とも言われる数の

細胞の集合体。

 

細胞の中には

細胞の司令塔である

エネルギー産生器官のミトコンドリアがあり、

言わば生命活動の源。

 

その細胞を覆っているのが、細胞膜。

細胞が上手く機能するかどうかは、

細胞膜に掛かっているといっても

過言ではありません。

 

細胞膜には色々は役割がありますが、

最も重要なのは、

・細胞内外の物質や情報のやり取り

・生体機能の調整

の2つです。

細胞内外の物質・情報のやり取り

細胞が正常に機能するには、

細胞内に必要なものを取り込み

不要なものを排出する必要がありますが、

スムーズに行うには、

細胞膜が柔らかい方が有利。

 

細胞膜の柔軟性が重要となります。

 

細胞膜の原料は油。

日頃摂取している油が粗悪な場合、

細胞膜がカチカチになり、

必要な栄養などのやり取りが出来ず、

細胞の機能が落ちます。

 

それはについても同じ。

 

ダイエットに成功しても、

脂質を制限したダイエットの場合、

肌を構成する細胞に栄養が届かず、

肌質が落ちたり、

脳を構成する細胞に情報が届かず、

脳の神経伝達が上手くいかなくなり、

身体機能の低下につながります。

生体機能の調整

細胞膜は、

身体に異物が侵入した場合など、

その部位に炎症を起こし危険を知らせ、

またそれを抑え込む

エイコサノイドという

生理活性物質の原料になります。

 

この場合も、

細胞膜の原料となる

普段取っている油の種類により、

炎症を起こしやすい体質か、

炎症が起こりにくい体質

変わってきます。

炎症が皮膚で起きれば皮膚炎に、

血管で起きれば動脈硬化

また花粉症アレルギーなど引き起こします。

 

また、実は肥満も炎症のひとつ。

 

普段摂っている油が粗悪な場合、

炎症は継続。

なかなか痩せないということが起こります。

 

花粉症アレルギー、

アトピー喘息の方などは、

炎症を促進する油の摂取量が多い

可能性がありますので、

今後、油の摂り方を

気を付けて頂くと良いかと思います。

避けたい油は、トランス脂肪酸・サラダ油

トランス脂肪酸。

プラスチックと構造が似ていることから、

『食べるプラスチック』とも呼ばれており、

蟻が寄り付かないことで有名。

 

マーガリンショートニングだけでなく、

市販のパンお菓子など、

あらゆる食品に

植物油植物油脂、植物性油脂、加工油脂

という名前で使われています。

 

トランス脂肪酸で細胞膜が構成されれば、

細胞内に必要な物質や情報が届かず、

良い油の働きも阻害、

細胞の機能が失われることになります。

 

次に、サラダ油。

サラダ油に関してはこちらに記載しているので、

是非、ご一読ください。

 

使用を控えたい油

オメガ6系脂肪酸が多い油である、

サラダ油、ごま油・キャノーラ油・紅花油・コーン油、

ひまわり油・大豆油・グレープシードオイル

パンプキンシードオイル・綿実油など。

 

実は、オメガ6系脂肪酸

身体では生成できない必須脂肪酸。

 

それを謳い文句に売れたのがサラダ油ですが、

オメガ6系脂肪酸は様々な食品に含まれていて、

現代人は摂りすぎているのが現状。

 

また良い油として有名なDHA・EPAである

オメガ3系脂肪酸と正反対の働きをします。

 

細胞膜の生体機能の調整のところでお伝えした、

炎症を起こすのがオメガ6系脂肪酸に対し、

炎症を抑制するのがオメガ3系脂肪酸。

花粉症アレルギーなどある方は、

是非、摂取を控えて頂けると良いと思います。

 

また、ごま油は炒め油に使うと香りが飛ぶので、

食べる直前に掛けるのがお勧めです。

是非、使い方を工夫してみてください。

積極的に摂りたい、DHA・EPA

美容に気を付けている方は、

もうご存じだと思いますが、

積極的に摂りたいのは、DHA・EPA。

他の油と同様、

1g当たりのカロリーは9kcalですが、

カロリー気にせず摂って頂きたい油です。

 

DHA・EPAはオメガ3系脂肪酸。

オメガ3系脂肪酸というと、

亜麻仁荏胡麻

インカインチオイルなどもありますが、

これらの油は、

体内でDHA・EPAに変換されるため

ブームとなりましたが、

この変換する酵素を持っている人は少ないんだそう。

 

勿論、亜麻仁荏胡麻

インカインチオイルなどは

ポリフェノールも豊富なので、

良い油ではありますが、

DHA・EPAの摂取は期待できない

と考えた方が無難です。

※ポリフェノールとは、植物が自身を活性酸素から守るために作り出す物質で、

抗酸化物質の代表です。

DHA・EPAは魚で摂ろう

DHA・EPAのサプリなどもありますが、

サプリは薬と違い基準が緩いため、

粗悪な商品もあるので、

やはり普段から食事で摂る意識をした方が

経済的にもお勧めです。

ただ、マグロは食物連鎖の関係上、

水銀などの

有害ミネラルが多く含まれるため、

頻食はお勧めできません。

 

イワシアジなどの小さいお魚で

養殖ではなく、天然のものがお勧めです。

 

また、DHA・EPAは酸化しやすいため、

生を調理するのがお勧め。

冷凍保存でも油の酸化は進むため、

出来るだけ早めに食べるようにしましょう。

オリーブオイルはどうなの?

オリーブオイルは、

オメガ9系脂肪酸が豊富。

このオメガ9系脂肪酸は、

体内で合成できる非必須脂肪酸ですが、

体内で合成する必要があるほど、

身体にとって必要な油であるとも言えます。

 

私自身も良く使用しますが、

市場の8割が偽物とも言われています。

以前記事にしていますので、

こちらを参照ください。

 

選ぶ基準とお勧めの油

ではどんな油を選べば良いか、

選ぶ基準

そして私が愛用している商品

ご紹介しておきます。

 

ー選ぶ基準ー

①遮光瓶・缶に入っているもの

②化学溶剤不使用

③一番搾り

④有機JAS認定のあるもの

 

私自身、クセのない加熱料理用には菜種

イタリアンの際はオリーブオイル、

ごま油は炒め油には使わず、仕上げに掛ける

と使い分けをしています。

 

・菜種

※菜種油なので、オメガ6・9系脂肪酸になります。


鹿北製油カホク 国産 菜たねサラダ畑 650g

鹿北製油さんの商品は安心ですので、

メーカーで覚えて頂くと良いかもしれません。

 

・オリーブオイル

※オメガ9系脂肪酸

オリーブオイル エキストラバージン

egregio エグレヒオ (2019) 500ml 

オリーブオイルは、

OLIVE JAPANという協会が主催する

国際エキストラバージンオイルコンテストにて

受賞されている商品を目安にすると良いです。

 

・ごま油


山田製油 ごま油卓上サイズ140g

《京都へんこ山田製油》

ごま油は、鹿北製油さんも有名です。

是非、色々取り寄せてお好みのものを

探してみてください。

 

非加熱用はMCTのみ使用しています。

・MCT

※MCTの効果を狙う場合、カプリル酸(C8)が豊富なものがお勧めです。

Sports Research, ケトC8、カプリル酸、無香料、473ml(16 fl oz)

・MCTパウダー

Nutiva, オーガニックMCT(中鎖脂肪酸油)パウダー、300g(10.6 oz)

MCTについては、

低血糖の改善に有効だそうで、

消化に負担の少ない

パウダータイプを愛用しています。

 

低血糖については、

また詳しく記事にしようと思いますので、

お楽しみに。

 

また、油も食品と同じで、

少量で使い切れるものを購入するのがお勧めです。

 

是非、油を味方につけて

健康的にダイエットしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事