以前、

『私の結婚が失敗した理由』

心理学的に考察した記事を投稿しましたが、

 

SM理論に落とし込むことで、

更に合点がいったので、

今回は、

『私の結婚が失敗した理由』をSM理論で考察。

上手くいかなかった理由を、

お伝えしようと思います。

『S』と『S』が合わない理由

このブログを読んでくださっている方は、

良くご存じだと思いますが、

私は、筋金入りの『ドS』

元旦那も『S』の人でした。

 

ハイスペ『S』男性は、

ビジネスでの成功体験から、

自分自身に自信があるため、

気の強い女性を好む傾向があると、

こちらにも書きましたが、

 

元旦那も例に漏れず。

 

『S』は、現実主義合理主義

理性で物事を捉えます。

 

そのため、

『S』と『S』は、価値観、

物事の考え方が似ているため、

恋愛に落ちやすい

間違いが起こりやすいのです。

 

では、なぜ『S』と『S』は合わないのか?

 

『S』は、

大切な人に甘えられ、頼られることで、

自分の存在意義を見出します。

 

しかし、

『S』同士であると、お互い甘えないので、

甘えられることも無ければ、

頼られることも無い。

 

お互い独立したまま、平行線。

交わることが無く、

お互いを必要とすることが無い。

 

結局、お互いの

かけがえのない人になりきれないのです。

『M』と『M』だとどうなるのか?

では、

『M』と『M』だと、どうなるのか?

 

『M』は、

大切な人に甘え、依存したい。

相手に夢中になり

追いかけている自分に陶酔することで、

満たされます。

 

『M』同士だと、

甘えたいのに、甘えてくる。

追いかけたいのに、追いかけてくる。

お互い夢中になれないので、

自分に酔うことが出来ない。

 

こちらも、反発しあうだけで、

交われないのです。

『S』と『M』が上手くいく理由

では、

『S』と『M』ではどうなのか?

 

『S』は、

『M』に甘えられ、頼られることで

存在意義を見出し、

『M』は、

思い通りにならない『S』振り回されることで

自己陶酔

満たされることになります。

 

意図せずとも、

相手の要求にピタッとハマる。

これが、『S』と『M』の関係なのです。

自身の女性性を満たす=かけがえのない可愛らしい女性

『S』の女性は、

求められて、甘えられることで女性性が満たされ、

『M』の女性は、

追いかけて、甘えることで女性性が満たされる

のだと思います。

女性性=甘える

というイメージだった私ですが、

サービスの『S』の特徴である

尽くすという行為も、立派な女性性。

 

大切な人と愛情を育み、

自身の女性性を満たしながら、

生きていくことで、

かけがえのない可愛らしい女性になれる

のだろうと思います。

 

結婚と離婚を経て、私が思うことは、

やはり誰かのかけがえのない存在になりたいということ。

 

私の離婚をSM理論で考察、投稿することで、

誰かの何らかの気付きになれば嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事