以前、『人は足元を見ている』という

記事を書きましたので

 

今回は私の好きなパンプスのブランドを

ご紹介しようと思います。

Gianvito Rossi

まず外せないのが、

何と言ってもGianvito Rossi

新型コロナでなくなってしまった伝説の靴職人、

Sergio Rossiの息子さんのブランド。

20年以上、お父様の下で修業をされ、

自らのブランドを創設。

 

Gianvito Rossiの靴は、

どの角度から見てもフォルムが綺麗なのは勿論、

デザインが洗練されていて、履きやすさも抜群

 

パンプスやサンダル、そしてブーティまで、

定番のデザインから斬新なデザインのものまで

幅広く揃っているので、かなりお勧めです。

Saint Laurent

次は、

JIMMY CHOO

マレーシア出身の靴職人 JIMMY CHOO

イギリス版『ヴォーグ』の編集者タマラ・メロンの

共同創始により1996年設立されたブランド。

 

JIMMY CHOOも、

シューズブランドだけあって、

やはりフォルムが綺麗履きやすいのが特徴。

 

テイストが様々カラーも豊富。

ヒールの高さも2種類あるものもあるので

自分に合ったものが見つかると思います。

Manolo Blahnik

最後はやはり

『靴のロールスロイス』と言われる、

Manolo Blahnik

『Sex and the City』で

更に人気に拍車がかかったManolo。

 

シルク素材やスエードなど

普段使いには向かない素材が多く、

デザインもどちらかと言えば、クラシカル。

 

個人的にManoloは憧れのブランドなので、

ブライダルなどの

特別な日に大切に履きたいな

と思っています。

 

他にも、ChanelGucciPradaもチェック。

ただこのあたりのブランドは、

コレクションによりデザインがかなり変わるので、

好みのものが見つかることもあれば、

そうでない時も…

 

ただどのブランドもとっても履きやすいので、

素敵なデザインがあればお勧めです。

 

また人気のChristian Louboutin

私には木型が合わないので、ご紹介しておりません。

 

結局、靴は履き心地がとっても大切

姿勢歩き方、所作が変わります。

 

デザインも大事ですが、

是非、履き心地の良いパンプスを見つけてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事